30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

恋はデジャ・ブ

という映画を観ました。 

恋はデジャ・ブ (字幕版)

恋はデジャ・ブ (字幕版)

 

英国のBBCだかどこかがここ50年くらいで世界のコメディのランキング付けをしていたのですが、恋はデジャ・ブは確かわりと良い順位でした。1位はマリリン・モンローが主演していたお熱いのがお好きで、他の作品も1950年代、60年代の作品ばかりだったので、もうちょっと新しいのがいいなと思い90年代の本作を見ました。

 

よかったら、少し時間を割いて観てほしい

映画の批評については、インターネット上にたくさんありますし、私自身もそういうのうが上手ではないので特に書きません。感想としてはとても面白かったです。おそらくほとんどの人が楽しめますし、損はしないと思いますので、ぜひ約2時間の時間をつくって観ていただきたいです。きっと楽しんでいただけると思います。Amazonプライムなら300円くらいでレンタル可能です。その価値は十分あると私は思います。

下記からは恋はデジャ・ブを見て、自分が思ったことをメモとして、考えたことの発散として書いていきます。

 

人生をよりよくするヒント

どれもありきたりでつまらなく思える気づきですが、下記のように思いました。

 

  • 自分のダメなところを真摯に見つめて、それを改善すること
  • 周りの人にもっと優しくなること、興味を持つこと、仲良くなること、感謝をすること
  • やりたいことは今すぐにでも始める、新しいことに挑戦する

 

私たちは皆で生きている

私たちは誰もがもっと人生をよくしたいと思って、自分たちなりに何かを頑張っているわけですが、それって時に的外れになってはいないでしょうか。上で書いたことほど重要なことはあるでしょうか、そんなものはないかもしれない、私はそう思いました。好循環という言葉があります。人との関係性を改善することが、人生を好循環の波に乗せる最適な方法なのではないか、そんな風にも思いました。

もし、いま人生がどうにもうまくいかない、そんな風に思っている人は、一度上記の3つのポイントを考えてみてはいかがでしょう。どうにもうまくいかないと思っている人ほど、ぜひ観てほしいなと思います。もしかしたら、そこに人生をより良くするヒントがあるかもしれません。

 

恋はデジャ・ブ、良い映画です。