30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

誰かに意地悪したい心、それに向きあうこと

ここ数年の話ですが、なんか自分の中で誰かに意地悪したい心を認識することが多くありました。○○だろうから、○○してやろうみたいな、そんな風に思っているのです。これまであまり意識をしたことがなかったので、そういう自分にちょっと戸惑いを感じるところもあり、少し考えてみようと思いました。

 

相手を少なからず苦しめてやろうという心

詳しい話は省きますが、簡単に言うと相手をはぶいて、ちょっといじわるしてやろうみたいな状況です。で、これについてなぜだろうと考えてみたのですが、多分相手のことが嫌いなんだと思います。

  • 妙に自信のあるところ、偉そうなところ
  • 人にくっついて行動するところ
  • やたらとひ弱アピールをするところ
  • 人の話を聞かないのに、自分からも何かを話そうとしないところ
  • 努力らしい努力をしていないところ

詳しく考えると、上記のような点が気にくわないのです。

今までそこもちゃんと考えてきませんでしたが、単に相手のことが嫌いだから、意地悪してやろうと思っていたんだなと今はっきりと思えました。

 

相手にしないのが一番

改めてそういう相手にどうしようかなと考えてみると、もうこれはスルーするのが一番かなと思っています。

人は変わらない、多分

30を越えた相手にかわってほしいと期待しても望みは薄いですし、これ以上は自分から歩み寄ろうという気もあまりおきません。相手の良いところを見る努力も大切ですが、それもこれまでにそれなりにやってきているつもりです。これ以上そこを考えても、変わらない相手に対して、多分ストレスが溜まるだけだと思うのです。

論破してもしょうがない

でも、時に冒頭のように相手に嫌がらせをしてやろうとか、現実を突き付けて嫌な思いをさせてやろうに思うことがあります。相手の考えの違うところを指摘して、馬鹿にしたり、現実を見せつけてやろうみたいな心がが湧き上がってくるのです。

嫌いな相手だからそういう風に思わせたいとなるのは自然なことなのかもしれません。でも、それにメリットがあるかというと正直そこは微妙です。上記のように人はなかなか変われないから、結局治るとも思えません。

単にこれから気まずくなるだけで、良いことはなさそう

それに、この先も顔を合わせることになるでしょうから、相手の嫌がる指摘をしたり、論破をしたところで、それは単に禍根を残すだけです。気まずいままで相手と付き合わなければならない状況にしたって、メリットはきっと1つもないはずです。

そう考えると、やはりなるべく相手にしない、相手にする時にはこれまで通り愛想笑いを浮かべているのが一番なのかもしれません。

それがいわゆる大人の対応ってやつでしょうか。

 

 

相手の嫌なところは自分の裏返し?

気になるのは、わりとよく聞かれる「相手の嫌いなところは自分自身を映している」といったような話です。ザッとみたところ、これには下記のような意味合いがあるようです。

  • 自分がそれを禁じているのに、相手がやっているから腹が立つ
  • 自分自身のコンプレックスや嫌いな点と一緒だから腹が立つ
  • 自分の中の大切にしたい価値観を相手が持っていない、軽視していると感じるから腹が立つ

そうして、上述した相手の嫌なところを見ると、確かにそうだと思わされる部分が少なからずあります。

自分自身が持つ本当の欲求

もう1つ、考えなくてはいけないのは、そう思う自分には実は裏の目的があったということです。上述した嫌な相手のポイントの1つである人にくっつくところで、その人がくっついている相手と自分が話したいというのがあります。それを邪魔されているという感情も自分の中にあるのかもしれません。

そういう自分の小ささやホントのところもきちんと見つめなきゃいけないなと思います。

 

無駄に敵をつくる必要はない

上記で書いたように、今後は大人の対応として愛想笑い的な感じにするのが一番だと思います。もしどうしてもその人が普段くっついている相手と話したい場合は、別個で話せばいいだけの話です。そうして波風立てずにやっていくのが一番なのかと思います。

なぜなら、これも上記で書いたように、その人とはしばらくは同じ職場にいるわけです。そう考えると、事を荒立てても良いことなんて多分ありません。自分が困ることになるだけです。無駄に敵を作る必要はないのです。

 

自分にはやるべきことがある

それに、自分にはやりたいこと、やるべきことがあります。ですから、上記のようなちょっとした怒りに心を左右されている場合ではないと思います。そんなことをやっているよりも、やりたいことのために努力する時間を増やすべきです。

うん、それが一番だと思う。誰かに意地悪したいと思っても、おそらくそれ自体の価値ってあまりないと思います。そんなことに心を砕くよりも、自分が本当にやるべきこと、やりたいことに時間を使うようにします。そうすれば、意地悪したい心なんて自然と去っていくのではと思います。