30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

陰部が夜に異様に痒くなる陰嚢湿疹、どうしたらな治すことができるのか?

よくもまあこんなに身体のことに悩まされるなと思うのですが、最近異様に陰嚢がかゆいです。大抵は夜中にかゆくなるのですが、寝た後しばらくすると無意識的に掻いてしまうくらいに痒いです。目を覚ましてしまうこともあり、結構しんどいのです。また、お風呂後に我慢するのがしんどくらいにかゆくなることもあります。

ということで、本記事ではこの陰嚢湿疹の原因や治療法について考えていきます。

 

陰嚢湿疹の原因

ざっと見てみた感じですが、下記のような原因が出てきました。諸説あるようで絶対にこれというのは見当たりませんでした。

  • 汗などによる陰部の蒸れ
  • 石鹸や洗剤のすすぎ残し
  • 食事によるアレルギー等の影響
  • アトピーのせい
  • 腸内環境の悪化による身体への悪影響
  • 皮膚の乾燥や病気
  • 残尿により痒みが出ている
  • 下着の通気性が悪いために蒸れる
  • 珈琲で胃が荒れる

どれもそれっぽい気はしますし、何となく心当たりがあるものもあります。ただ、絶対にこれというのはなかなかしぼりづらいところです。

生活習慣で最近変わったところ

また、上記も踏まえて自分の中で思い当るところがないかも考えてみます。

  • 洗濯に柔軟剤を使うようになった
  • 寝る前にエアコンのドライをつけている時とそうでない時の違い
  • 最近、ちょっと気が緩んで肉を食べることが多くなった
  • 以前から残尿感は結構ある
  • 通気性がよいものをと思って、エアリズムの下着を大量購入
  • ちょこちょこ珈琲を飲む機会が再び増えた
痒みを意識するようになったのは、8月10日以前

上記のエアリズムの下着を買ったのが8月10日でした。そう考えると、それ以前に少なからず痒みはあったようで、冒頭のような悪化した状況は最近のことです。となると、原因も8月10日以前のものが主要因であると考えるのがよさそうです。

 

肉を食べることが増えたのが主要因?

上記を踏まえて考えると、肉食の影響が大きいのではないかという気がしています。他の候補については、下記のように少なくともメインの理由ではないような気がします。

  • 柔軟剤を買って使うようになったのは数日前の話
  • 残尿感は8月よりずっと前からある
  • エアリズム下着を購入する前から痒みは少なからずあった
  • 珈琲は平日はほとんど飲まなくなったが、土日は結構飲んでいた

今後の対策

ただ、そうは言っても不安な点はできる限りカバーしておくにこしたことはありません。今後は下記のように対策をするように心がけてみます。

  1. 食事は再び魚中心で、肉はできるだけ控える
  2. 珈琲等は控えて、お湯・水を飲む量を増やす
  3. グルテンフリー、カゼインフリーは継続
  4. 寝る前のエアコン利用を徹底
  5. 寝る前に瞑想することを徹底
  6. できるだけ、お風呂後にはトレーニングをしないようにする
  7. とにかく陰嚢にはノータッチ、触らない
  8. 以前から悩んでいる残尿感について解決策を調べてみる

 

アトピーで悩んでいた時にも何度か陰嚢がかゆくなったことはありました。その時もすごく悩みました。この悩みは少し懐かしい感じですが、経験があるからか少し落ち着いて対処できているように思います。

頑張ります。