30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

これまでの不調の原因はグルテンかカゼインかもしれない

最近、お腹の調子がすこぶる良いです。それ以前の約2、3か月は本当に下痢続きだったので、ちょっとまだ信じ切れていないところもありますが、実際すでに数日は下痢ではなくなっています。

理由として考えられるのは、下記記事でも少し紹介しましたが、グルテンフリーの一環として朝食のパンを抜いたこと、併せてそれまで食べていたヨーグルトもやめました。そうしたら、驚くくらいにお腹の調子が安定したのです。

blog.kenkou30dai.com

 

グルテンとカゼインが原因だったのか?

正直なところ、何かのアクションをしてここまでくっきりと体調が好転したのはおそらく初めてです。食パンとヨーグルトをやめてわずか数日で明らかにお腹の調子は改善されました。そしてそれは今のところ、明らかに継続されています。これらを考えると、少なくともここ最近のお腹の不調、下痢についてはグルテンとカゼインによるところが多かったのではないかと思っています。

アトピーについては断言できない

ただ、以前に長く悩んでいたアトピーについては、グルテンとカゼインが原因だったかというとそうとは言えないような気もします。このブログにも書いていますが、私はアトピーの症状が悪化した2016年の春夏頃から大戸屋にかなり頻繁に通うようになりました。

blog.kenkou30dai.com

その時の食事を振り返ると、

  • 朝はミネラルウォーターを飲むだけ
  • 昼は基本的に魚系の定食
  • 夜は大戸屋でバランスの良い食事(基本的には魚)

という内容でした。これを少なくとも平日はほぼ毎日やっていました。土日や友人に会ったりもするのでお肉を食べたりもしていましたが、それでもなるたけ大戸屋に行くようにはしていて、ホントに何かの修行かと思うくらいの食生活だったと思います。

この時期のおおよそ10か月間くらいは大戸屋に通い詰めていて、パンやヨーグルトを食べる機会はほとんどありませんでした。そう考えると、もしグルテンとカゼインにアトピーの原因があるのであれば、この時期に相当程度回復していてもおかしくはないはずです。ですが、そうはいかず痒みについてはこの時期も相当辛かったことを覚えています。

ですから、アトピーについてはグルテンとカゼインが原因だったかというと、それは確信を持つことはできませんし、そうだったかどうかはちょっと怪しい気がします。

 

下痢や腹痛と、アトピーの原因は多分違うっぽい

考えた感じで言えることは、単純に見出しのとおり、それぞれ違う原因がありそうだということです。

思い出してみると、アトピー期間中は便秘のことが多かった

振り返ってみると、ここ2、3か月のように頻繁に下痢が出るようになったのは、本当に最近のことでした。アトピーに苦しんでいた2016年は逆に便秘なことが多かったような気がします。それで下記記事にあるように切れ痔がどうのこうのとも言っていました。

blog.kenkou30dai.com

やっぱり、アトピーと下痢、腹痛は別物っぽいです。

 

何より下痢が軽快して本当によかった

うだうだと言いましたが、とにもかくにも下痢が治って本当に良かったというのが、今の気持ちです。もう、本当に最高です。いったんはグルテン・カゼイン共に控えて、しばらく様子を見てみようと思います。まずはそのことについて喜びます。まずは今後、グルテンフリーやカゼインフリーについて、もうちょっと勉強していきます。

便秘とアトピーの関係性

もう1つ気になるのは、当然アトピーの原因についてです。お腹だけに着目してみるならば、アトピー期間中は便秘のことが多かったということは、便秘にまつわる何かにアトピーの原因もあるのかもという気もします。それについても少しずつ考えていってみようと思います。

 

こうして健康を感じられるというのは、本当に素晴らしいことです。今後もますます健康な身体と心を目指して、素晴らしい30代を過ごしたいなと思います。