30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

健康が遠い

夏。最近はうだるような、溶けるような暑さが続きます。

 

なかなか復調しない体調

そのせいなのか、どうにも体調が良くありません。お腹の不調は前々からですが、身体が重い、だるい、時に立ち上がることすら億劫に感じるほどです。

まだ32歳。老け込む年齢ではないと思うのですが、それにしてはとにかく疲労と不調を感じる毎日です。下記のように健康のためにいろいろやっているのですが、十分な成果が上がっているとは言い難い状況です。

  • なるべく毎日バナナを食べる
  • なるべく毎朝白湯を飲む
  • なるべく毎朝生姜と甘酒を飲む
  • 整腸剤を朝昼夜の食後に飲む
  • 毎朝サプリメントを食べる
  • 毎朝ヨーグルトを食べる
  • 夜にストレッチをする
  • なるべくたくさん歩く

それなりにいろいろなことを、それなりの期間やっていると思うのですが、これだけやっても、なかなか改善されない体調。正直、どうすればいいのか、わからなくもなってきます。

 

結局のところ、わからないし、判断できない

いま思ったことですが、そう、私たち素人では、自分の身体の好不調の要因を判断するのは難しいということです。書籍を読んだり、ネットで調べたりはいくらでもできますが、結局のところそれがなぜかを明らかにすることはできないのです。

医者も頼りにならなかった

そしてアトピーの時もそうでしたが、その原因を医者に求めても、私は残念ながら答えを得ることはできませんでした。ただ、その場しのぎの薬を与えられるだけで、何が原因なのかについては教えてもらえなかったのです。

今はアトピーも体調不良も一時期と比べるとだいぶ楽になっているし、少なからずコントロールできるようになってきた感覚も得られるようになっています。

しかし、やはり根本的な原因がわからないことへの不安は今でもあります。

 

ドラスティックに変えよう

色々やっても変わらない。それも1年以上やっても変わらない。と考えると、これは今までの延長戦のアクションではダメなんだろうと思い始めています。体調以外もそうですが。人生全般において少しずつ好転しているけれど、それでも昔自分が望んでいたような光り輝くような、素晴らしい成果にはたどり着けていません。

体調も人生も、さらなる発展・成果を望むのであれば、これまでのようなアクションではダメなのでしょう。

2017年もまだ半分あります。折り返し地点で、残りの半分に何ができるか、何をすべきか今一度しっかりと考えて行動しようと思います。頑張ろう。