30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

英語を勉強したい

前回の記事で、自分の人生がつまらないから、何かと他人を批判しているんではないかと書きました。書いてからしばらくたった今も、やっぱりそれは結構当たってるなと思っています。確信がさらに強くなったような気もします。

blog.kenkou30dai.com

 

面白い!と熱中したことがこれまでになかった

自分の人生を振り返ってみると、心から楽しいとか面白いと思ったことって、本当に少なかったと思います。長期間、何かに没頭したっていうのも思いつきません。

小学校からやっていた野球、もちろん嫌いではなかったけれど、中学生くらいからは既に練習は嫌だなという気持ちを感じていました。高校になってからはその思いは顕著になり、日々練習はしていても気持ちの問題もあるのか、技術的にも周りから劣るようになっていました。そうなるとますます練習を、そして野球自体を楽しめしなくなっていました。

大学生になってからどうだったかというと、楽しいってことはやっぱりあまりなかったように思います。どれも義務感、あとは見返してやりたいという虚栄心、そんな思いで何かしら頑張ってはいましたが、心には常に苦しさがありました。

社会人になってからは、その傾向がさらに強まりました。昔思い描いていた自分とは明らかに違う現在、ずっと見劣りする自分を責めて、どうにか立派になって周りを見返してやりたいと、そんなことばかりを考えて自分なりの努力をしていました。

孤独に頑張るのはもういいんじゃないか

でも、その結果が今です。正直なところ、上記のようにいろいろ頑張ってみたけれど、未だにこんな風になれたらと思っていた姿は遠いままで、気がつけば30代にもなっていました。

これまでと同じやり方を続けていても、状況が改善されないんじゃないだろうかという不安・焦り、自分が好きじゃないことを無理やり続けることへの辛さ、少なからぬ身体面での不調、これらを考えると方向をがらっと変えるタイミングが来ているように思います。

 

昔から興味があったけど挫折してきた英語

そんなわけで、前回も書いたようにもっと自分が純粋に楽しいと思えることに、これからはもう少し取り組んでみようと思っています。最初に選んだのが、タイトルにもあるように英語です。

何度かチャレンジしたけどすぐに辞めてしまった

たしか大学生くらいから考えると4、5回くらい真面目に勉強してやると思ったのですが、いずれも多分半年間以内でやめてしまって、今に至ります。今は全く勉強していないですし、TOEIC受けても大学時代をほぼ確実に下回っているでしょう。

でも、やっぱり英語への憧れは強い

ただ、最近外国の人が多い地域に引っ越してきた思ったんですが、英語に対して未だに自分の中に憧れがありました。外国人を見るたびに、この人たちとコミュニケーションを取りたい、いろいろ話したいという思いを感じていました。好きかどうかはわかりませんが、少なくとも心から興味があるだろう、そう思ったので新しく始めることに英語を選びました。

 

英語の勉強の仕方

じゃあどう勉強するかというと、ざっと色々なサイトを見て、下記のような目標を考えてみました。1つポイントにしたいのは、1人ではやらないということです。

上記にも書いたように、英語に限らず、私はこれまで勉強を1人でいつもやっていました。それはやっぱり周りを見返したいという復讐心的なものがあったからだとも思いますが、それが今の低成長・低評価を招いた1つの要因だとも思っています。

今回の英語勉強はそういった暗い気持ではなく、前向きに明るく、人とも関わりながら楽しく学びたいと思っています。

【長期目標】
2020年オリンピックでボランティアをする

【短期目標】
・6月
Duo3.0をまずは1週勉強する

【行動目標:ルーティン】
■平日
・朝にDuo3.0を聴いて、加えて音読をする
・Duolingoで勉強
・tedの動画を聴いて、見て、ブログに書く
■休日
休憩
■毎週
・英語教室に通う
■半年
・TOEICを受ける

 

 

心から英語が楽しいと思えたらいいなと思います。

他にもいろいろ新しいチャレンジもしてみたいところです。