読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

体調不良の原因を探るため、さっそく消化器系の病院に行ってきました

さきほど下記記事で、病院に行くかもと書いていたばかりでしたが、さっそく病院に行ってきました。

f:id:marrige130110:20170106145347g:plain

本記事ではそこでの大まかな内容、何を感じたかといったことを書いていきます。

ちなみに、今回消化器の病院に行ってみた背景や、あと甲状腺の検査もしようかなと思っている理由は下記記事にあるように、健康診断でいろいろ考えさせられたからです。問診の際にも激やせの理由は胃腸か甲状腺かもとも言われました。

blog.kenkou30dai.com

 

原因として考えられるもの

さて、それではさっそく診察結果です。これまでの状況を先生に大まかに話して、可能性としてあると言われた内容は下記のようのものでした。

  1. クローン病
  2. 過敏性腸症候群
  3. 甲状腺の機能障害(?)
  4. その他、ストレスなど

1のクローン病については非常に珍しいらしく、たいていは2か3になるのではないかということでした。

クローン病とは?

クローン病とは小腸や大腸が炎症を起こす炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease: IBD)の1種です。これによって腹痛や下痢、下血、体重減少、発熱等が起きるそうです。しかも、肛門に問題が起きることもあるそうで、これだけ見ると、けっこう当てはまっているところがあるなとは思います。

ちなみに、クローン病は厚生労働省の定める難病である「特定難治性疾患」の1つです。指定されている難病は他に聞いたことがある気のするものだとパーキンソン病、ベーチェット病、潰瘍性大腸炎、筋ジストロフィー、もやもや病などがありました。全部合わせると約300くらいの病気があるそうです。これを見ると、難病と指定されるものだけでもこれだけあるわけですから、これまで私が大病をせずに健康でいられたこと自体が本当に奇跡的に素晴らしいものなのだなと思わされます。

 

診断結果を聞いて、まずは安心した

この診断を受けて最初に思ったのは、ほっとしたという思いです。まだ何も原因が分かったわけではないので何ともいえないのですが、医者という専門家に可能性を示唆してもらえた、それだけで体調不良の原因の方向性を絞ることができたという点で安心できたのだと思います。

上記のどれであっても、現状体重がなかなか増えていないという現状は変わらないわけですが、こうして安心できるだけでも病院に行ってみてよかったなと思います。

血液検査の結果を待つ

また、今日は甲状腺の状態を調べるために、血液検査もやってきました。何度も経験していることですが、やっぱり嫌ですね。怖いし痛いです。歯医者と似たような感覚。これはすぐに結果が出るそうなので、果たしてどのような結果が出るのか待ち遠しいです。

後日、内視鏡検査を受ける

また、今日は思いきって内視鏡の検査日も決めてきてしまいました。最初は甲状腺については他の専門病院に行こうかななんて思っていたんですが、今日の病院で簡単かもですが血液検査ができたので、もうまとめてここで完結させてしまいたいという気持ちが強くなりました。

内視鏡検査は簡単、スピーディというイメージがあったのですが、それでも下剤を飲んだりと、かなり事前準備が必要であることを知りました。大がかりです…。しかし、これでいろいろわかるなら軽いもんだと思って、特に不満と不安は口にしませんでした。

ミヤBMを処方される

なお、薬についてはミヤBMというものを処方されました。消化器系の病院は初めてなので全く聞いたことがないものです。しかも、診療中には薬の話はいっさいなかったものですから、なぜ薬??、どんな効用??と疑問だらけでしたが、薬局でいろいろと聞けて無事に解決しました。診療中に軽くでも説明が欲しかったところですが、まずは試しに服用してみようと思っています。

 

料金は安くはないが、それで希望が見えるなら安いもの

さて、本日の診療の流れは上記のような感じでした。まずは、しばらくミヤBMを試してみて、血液検査の結果を待ちながら、先日の会社の健康診断の結果も待ちたいと思います。

今日の診療費もそうですが、内視鏡の検査も、お金的には安くありません。今日は血液検査と薬だけでおおよそ6,000円、内視鏡検査にいたっては最大で3万円くらいかかる可能性もあるとのこと、今の自分にとってはそれなりの出費です。

考えや方向性が変わる、そのことの価値

でも、もしそれで今の体調不良の原因がわかる、改善方法がわかるというのであれば、全然高くないと思います。今日の診療でも、はじめて消化器系の病院に足を向けてみて、自分の中で発見や考え方が変わったところがありました。

f:id:marrige130110:20170106145501g:plain

おそらくですが、ここに来ないでダラダラと皮膚科に通っているよりは、ずっとずっと良い方向へと舵を切り直せたんじゃないかと思います。もし、胃腸にも甲状腺にも異常がなかった場合、それはそれで疑問も残るしショックですが、そういう結果が得られたことでまた向かうべき方向性は変わるわけですから意味はあると思うのです。今日のこの文章も、病院に行ったからかけたわけです。実際に行動してみたこと、それにはとても大きな価値があったと思っています。

健康でいることに感謝をして生きる

何を大げさなという気もするんですが、体調不良があろうとも自分がこうして五体満足でいられているということは、やっぱりとても素晴らしいことで、奇跡的なことなんだなと改めて思えました。そのことに感謝をして、2017年もますます頑張っていこうと思います。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。