読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

食事の改善によって便通がよくなったが、健康には一抹の不安

腹痛・腸内環境 太りたい

f:id:marrige130110:20161227114813g:plain

今回は食事内容を変えたことでお腹の状況がどう変わったかということと、これからどうするということについて考えてみます。

 

昔からずっと胃腸が弱いキャラだと思っていた

以前の記事で、私はもともとお腹が弱かったけれど、改善しようと思ったという話を書きました。中学生くらいからはもう自分はお腹が弱いかもなんて認識がありました。詳細は下記記事も併せてご覧になってみてください。

blog.kenkou30dai.com

で、それを下記記事で書いたように、ほぼ毎日大戸屋に通ったりして、大きく食事の内容を変えてみました。

blog.kenkou30dai.com

食事の改善内容

実際にどう変わったかというと、ざっくりと下記のような感じです。

  1. 肉から魚へのシフト
  2. 納豆や切り干し大根など食物繊維をたくさんとる
  3. 朝になるべく青汁を飲み、バナナを食べる
  4. 洋食から和食メインにする
  5. 咀嚼回数を意識的に増やす

もちろん、常に守れたわけではありませんが、基本的には緩い感じですが続けられていたと思います。そのせいか、なんとなくですが、最近は肉やお菓子、他にジャンクなものなどをあまり食べたいと思わなくなったような気がします。

実際、腸内環境はどうなったか?

f:id:marrige130110:20161227114951g:plain

この結果として、これも上記の大戸屋の記事にありますが、だいぶお腹の調子はよくなりました。お腹に良いことをやってみると、実際に少なからず改善されることを実感できてとても嬉しかったです。変化の内容としては下記です。

  1. 便通がよくなって、便の形・柔らかさが改善された
  2. なんとなく体調がよくなった気がする(アトピーもちょっと落ち着いたかな?)
  3. 気持ちも少し前向きになった気がする
  4. 通勤途中などの突発的な腹痛が明らかになくなった

全体としてとても良くなったような気はしています。ただ、不安要素がないわけではありません。

 

いくつかの不安要素

上記のように腸内環境は改善されましたが、間接的につながりがあるところで、いくつかの悩みが継続しているのも現状です。たとえば、下記のような内容です。

1. やっぱりなかなか体重が増えない

1つ目の悩みは体重です。腸内環境もよくなったぽくて、上述のように大戸屋でたくさんご飯を食べているのにも関わらず、やっぱりなかなか体重は増えません。まずはどうにか60kgまで戻したいところです。

2. 便が固いと切れ痔が再発する

これ、たまにあることなのですが、どうしても肉やら何やら消化に悪そうなものを食べた時、数日後の便が固くなっていることがあります。そういう時に頑張って出すと、けっこうお尻の穴部分が切れているのを感じることがあります。

血がついているかどうかは見なくなりましたが、感覚的にそうっぽいという気がしています。せっかく痔は治りつつあると思っていたのですが、再発するとちょっとだけガッカリしてしまいます。やっぱり日々の食事を丁寧にするしかないとは思うのですが。

3. たまにびびるくらいの腹痛が襲いくる

これは普段の食生活うんぬんというわけではないかもしれませんが、1か月1回くらい下痢や腹痛になっているような気がしています。なんだろ、冬だから軽度のウイルス系になってしまったのか、ノロも流行っているみたいですし、もしくは軽度の風邪なのか。前に比べると圧倒的に数が減ったとは思いますが、少ないので余計に気になってしまいます。

というところでしょうか。腸内環境の改善は少しずつ実現できている気はしますが、身体全体を見るとやっぱり不安なところはいくつかあります。

 

胃腸などの検査をしようと思う

ということで、下記記事にも書きましたが、年明けのどこかで一度、お腹の検査をしてみようと思っています。

blog.kenkou30dai.com

12月中旬にけんぽの健康診断も受けたので、それの結果待ちではありますが。今の31歳の年齢と、同年代の周りの状況を考えると過度な対応かなという気もしますが、この半年間いろいろ考えたので、どうせならスッキリさせたいと強く思っています。

今の食生活はしばらく継続

食事内容については、今のところいいことづくめな気がするので、今後も継続していこうと思っています。もうちょっと食材や食事の内容、タイミングによって身体にどう好影響を与えられるのか、そういった栄養学(?)的な知識も深められたらいいなとぼんやり思ってはいます。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。上述したように、健康診断結果と検査によって、一抹の不安を払しょくできればいいなと思っています!