読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

痩せすぎの理由は病気?これから検査等をしてみようか検討中

f:id:marrige130110:20161226121902j:plain

以前の記事で、私のこれまでの体重の変遷について紹介をしてきました。

blog.kenkou30dai.com

一番直近の大きな変化で言いますと、昨年末の健康診断では66kgくらいあったのに、今月中旬の健康診断では55.8kgまで減っていました。今年になってからおそらく食事量が増えているのにも関わらずです。

ということで、なぜこんなに体重が減ってしまったのか、そして食事量を増やしているのに体重が増えないのか、そのことについて最近は考えています。

 

体重が増えない原因とは何か?

かなり食事量を増やし、栄養的にも決して悪くない食事をとっていると思うのですが、なぜ体重が増えないのか、大きく4つの理由を考えてみました。

1. 元来、痩せ型の体質・体格である

まず最初に挙がる理由としては体質の問題かと思います。世の中の人を見てもわかるように、やっぱり生まれつき太りやすい、痩せやすいというその人の体質・個性はあるのだろうと思います。

実際、私自身も幼少の頃から今までを振り返ってみても、もともと痩せやすく、太りづらい体質ではあったと思います。ただ、高校1年生の頃は食べたら食べたで1年間で約10キロくらいは増えた実績もありますので、今回の状況はちょっとイレギュラーじゃないかと思っています。

ちなみにですが、体質という観点で見ると、遺伝やその人の骨格、さらにはその人の構内環境やストレスなど精神的な部分も影響してくるそうです。

2. 食事が少ない、栄養素が不十分

次に検討すべきは食事内容についてです。体重が増えない・増えるということには当然食事が関わってきます。何かの書籍などでダイエットは単純に摂取カロリーと消費カロリーの関係性であるという話もあったように、たくさん食べれば体重は増えてしかるべきだと思うのです。

その点で考えると、やはり私の場合は明らかにこれまでよりたくさん食事をとるようになっています。2016年の初夏くらいから今まで、下記記事で紹介したように大戸屋でそれなりのボリュームをとっています。

blog.kenkou30dai.com

それにも関わらず、体重は減るばかり。やっぱり食事面の問題でもないような気がします。

3. 運動のしすぎ

次に上述した摂取カロリーと消費カロリーを考えると、動きすぎ、働きすぎ、運動しすぎといった形で消費カロリーがとんでもないよ、という可能性もあるかもしれません。

ただ、この点について見ても、正直なところ私の仕事はプログラマですから、運動量という観点で言うと、非常に少ないはずです。むしろ、運動しなさすぎかなというくらいでしたので、最近になって朝に軽く筋トレをしているくらいです。あとは、帰りに1駅分歩くくらいで、運動しすぎということはまずないと思います。

高校時代に部活をしていた時には、毎日そこそこハードな運動をしながらでも、食事をたくさん食べて10kgを1年で増やしたくらいですから、やはり運動が多すぎるといったこともなさそうです。

4. 何かしらの病気・身体の突発的な異常

以上、1~3までいろいろと理由を考えてきましたが、やはりどれもジャストそれ!という理由にはなりえないような気がするのです。そうなると、あまり考えたくはないですが、身体に何かしらの異常が起きているのではないだろうかという懸念が持ち上がってきます。

blog.kenkou30dai.com

上記のようについ先日の12月中旬の健康診断では、急激な体重減少の原因としてはたとえば、

  • 甲状腺に異常が起きている
  • 胃腸に異常が起きている

という2つの可能性を示唆されました。甲状腺については全く予期していなかった言葉ですが、胃腸の弱さについては昔から苦しむこともありました。ここが一因である可能性というのは、自分としても不思議ではありません。

blog.kenkou30dai.com

 

痩せすぎ脱却、太るためにこれからどうするか?

以上のように考えると、仮説というほど確かなものではないですが、やはり身体に何かしら起きているのではという気がするのです。ということで、今後の対策としては下記のような流れを考えています。

1. まずは健康診断の結果を待ち、状況を確認する

最初に12月中旬に受けた健康診断の結果を待ちたいと思っています。検査項目としては決して多くはないのですが、大きな異常があれば、おそらく何かしら出てくるはずです。ということで、これが最優先かなと思っています。

2. 胃腸の内視鏡検査をする

健康診断の結果にもよりけりですが、その次は胃腸の検査をしようと思っています。大げさなのかもしれませんが、大腸の内視鏡検査を考えています。甲状腺よりはこっちのほうが異常がありそう?それくらいの感覚ですが、受けてみようかなと思っています。料金はおそらく1~2万円くらいかなと予想しています。決して安い金額ではないですが、それで健康状態が明らかになるなら悪くもないでしょう。

3. 甲状腺の検査をする

次に検討するのが甲状腺です。こちらは考えたこともありませんでしたが、現状が原因不明である以上、可能性のありそうなことに当たってみるのも悪いことではないかなと思います。費用は胃腸と同じく1万円くらいということですが、出費は痛いですが、その分稼いで頑張ります。

4. 整体に通ってみる

それでも原因が明らかではない場合、検討しているのは整体を受けてみることです。最近、下記の書籍を読んだのですが、またこれまでいくつか読んだ書籍にもあったように、身体のバランスが崩れると思いもよらない、またひどい体調不良を起こすことがあるようです。 

骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 (文春文庫)

骨盤にきく―気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門 (文春文庫)

 

確かに私は身体も固く、もともと痩せ型ですので、骨格に何かしらの異常があるのではという気もします。これも自分で見ているだけではなかなか割らないと思いますので、思いきって整体に受診してみようと考えています。

 

 

以上、今の現状を明確にするために、上記のような流れで検査をしてみようと思っています。何もなければそれでよし!ということで頑張ってみます。

お読みいただきありがとうございました。