読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

健康診断、体重が少なくショックも…痩せすぎの原因発見!?

太りたい

本日、会社の健康診断でした、約1年ぶりの健康診断。

f:id:marrige130110:20161213152531j:plain

太りたいと思っているのに、また痩せていました。。。上記イラストのように痩せて嬉しいという思いはあまりなく、なぜ体重が増えないんだろうという疑問ばかりです。なぜ体重を増やしたいと思っているかについては、下記の記事をご覧になってください。

blog.kenkou30dai.com

 

気合を入れて臨んだけれど

今年はブログを立ち上げちゃうくらいにいろいろな体調不良があったので、いったい何がどうなっているか明らかにしたいという思いで臨みました!!その辺の経緯は下記記事をご覧ください。

30代に入って体調が悪くなったので、ブログに記録していこうと思った

と言いたかったのですが、手違いがあって残念ながらオプションの選択をすることができませんでした。ですから、特にオプションはつけず、通常通りの健康診断を約1.5時間ほどで行ってきました。

というのも、しつこいですが、上記のように今年は自分でも驚くくらいに体調不良が重なったので、もしかしたら何かの重い病気の影響かもなんて思いも多少頭をよぎったわけです。だから、オプションでいろいろな検査をしようかなとちょっと考えてもいたわけですが、そんなこんなであっさりと諦めてしまいました。

 

では、さっそく健康診断の結果です。

体重は去年より約10キロ減少

まずは体重ですが、、、55.8kgでした。なんとなく57kgくらいはあるつもりだったんですが、それって洋服を着た状態だったから、それを抜けば確かにこれくらいですよね。でも、去年が66くらいで一昨年が62くらいあったので、55という数字はやっぱりショックでした。体脂肪率は8%くらい。確か去年は18とかくらいあった気がするので嬉しい反面、この減り様はやはりおかしいのでは…という気がしないでもないです。

f:id:marrige130110:20161213153316j:plain

ところで、また後日どこかで書こうと思うのですが、今年の初夏くらいから、私の夕食はほぼ毎日大戸屋です。しかもほぼ毎回大盛り。納豆も食べてるし、ひじきやホウレンソウなんかのサイドメニューもいつも頼んでいます。外食がよくないという可能性はあるでしょうが、これだけのボリュームを食べていたら、もうちょっと体重が増えたっていいのではないでしょうか。それどころか、減っているなんてあまりにショックです。大戸屋にお金を返してほしいと言いたいくらいです。

身長も1センチ縮んでいた!?

で、おまけでもう1つショックだったのが身長(笑)。これも何となく177cmはあると思い込んでいたのですが、176.4cmでした。180欲しいという願望が強すぎて、無意識的に1センチくらいサバを読んでいたようです。これからは誰かに身長を聞かれたら、ちゃんと176cmくらいと答えようと思います。

ちなみに、176.4cmの標準体重は68.5kgと問診票に記載されていました。約13kgくらい足りていないですね。やっぱり、この数字だけ見ても、ちょっと痩せすぎかなという気はします。

問診で疑問をぶつける

それにしても、やっぱり体重はだいぶ落ちていました。去年が66kgだったので、おおよそ10kgの減少です。検診の最後に問診があったので、この体重減少について、それから今年になって出てきたアトピーについて質問をしてみることにました。

f:id:marrige130110:20161213153832j:plain

最初軽く話したあと、何かあるかと聞かれたので、なんでこんな体重減ってん、食べても全然太らんで、それに今年になってからアトピーやら何やらがたくさん出てきてるんだけど!と勢い込んで聞いてしまいました。

なお、アトピーの状況については下記記事をご覧ください。2016年の春頃にぐわっと出てきたんです。

blog.kenkou30dai.com

 

激やせの原因は甲状腺か胃腸の問題!?

正直最初はあまり良い答えをいただけませんでした。「働き場所が変わったか?」とか「仕事の帰宅時間はどうか?」とか、ありきたりな質問。そういったことが思い当るならよかったのですが、私は2つとも大きな変化はなく、わりと健康に働けていると思うのです。ただ、今年から引っ越しをしたというのは、大きな変化であったとは思っていますが…

f:id:marrige130110:20161213153952j:plain

次に聴診器で胸、背中の音を聞かれました。昔から小さな小さな疑問でしたけど、これでいったい何がわかるんだろうという気がしないでもないですが、約1分後くらい後には先生からは特に異常がないとのお言葉。しかしながら、その後にちょっと意外な言葉をもらえたのです。

それが見出しにもあるように、こうした体重減少の理由として考えられることとして、例えば甲状腺ホルモンが活発に出すぎていたり、胃腸に何かしらの問題があって栄養が吸収されていないといった場合があるとのことでした。

試しに検査を受けるかどうかを検討してみようと思う

胃腸の問題というのは、下記の記事でも書いたように昔からいろいろと大変でしたから、もしかしたら多少の影響はあるのかなと思っていました。

でも、甲状腺というのは全く予期していなかった答えでした。そもそも甲状腺って何、どこって感じです。歌手の綾香さんが甲状腺の病気であるバセドウ病になったということくらいしか知りませんでした。

f:id:marrige130110:20161213154125j:plain

問診であまりくいついても仕方ないので、それだけ聞けただけでも収穫とし、帰り道にスマホでちょっと調べてみました。そしたら、激やせの理由として甲状腺に問題があったという記事が出るわ出るわで、実は結構な数の人が悩まされているようでした。

帰り際、先生から気になるなら検査を受けてみてはという言葉をかけられました。まだ決めかねてはいるのですが、もし甲状腺か胃腸、そのどちらかに問題があるのであれば、早々に検査で明らかにしてしまいたいという思いが強くなりました。

まだ若いのに、自分は病気かもって気にしすぎ?

一方で体重が減ったくらいで検査って、気にしすぎ?という気がしないでもありません。私くらいの年齢、31歳くらいで健康をすごく気にかけている人というのは、特に男性だとほとんど見かけません。こんな話を周りにしても、一笑に付されるような気がしないでもないです。

f:id:marrige130110:20161213154236j:plain

でも、最近強く思うのは、当たり前のことですが、私たちの人生には限りがあって、健康だって何があるかわからないということです。歳をとったせいでしょうか、周りがどう思うとか、周りにどう思われるかということよりも、こちらのほうがずっと真実だと思うようになりました。

ということで、いったん甲状腺と胃腸の検査についていろいろと探してみようと思います。胃腸については、食事を変えてからだいぶ便とかがよくはなった気がしているのですが、自分じゃわからないこともたくさんあるので、一応検討しようかなと思っています。

 

 

以上、太りたい自分としてはショックなことも多かった健康診断ですが、ちょっと新しい観点をもらえてよかったなと思った次第です。お読みいただきありがとうございました。