読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

起床時の腰の痛みが辛かったこと、その原因と対策を考える

腰痛

これまでいろいろな体調不良の経験を書いてきました。メニューにもありますが、ざっと下記のような感じです。

  1. アトピー
  2. 肩こり
  3. 腰痛
  4. 猫背
  5. 腹痛や下痢
  6. 体重の減少
  7. 薄毛

こうして思い返してみると、程度の差はあれど、これだけ多くの不調を経験してきたのかとしみじみとしてしまいました。今回はその中の1つである腰痛について紹介します。

f:id:marrige130110:20161209134616j:plain

腰痛を意識するようになったのは、おおよそ4、5年くらい前だったと思います。ぎっくり腰になったり、日常的にコルセットをつけたりなんてほどではなかったのですが、タイトルにあるように毎朝起きると痛いのと、ずしんと重い感じがするのです。それが1日や2日というわけではなく、時には1週間くらい続いたりして、断続的に繰り返すのです。

身動きができなくなったということもありませんでしたので、決して重症というほどではなかったのでしょうが、それでも1日の始まりの朝がそんな状況だと憂鬱な気持ちになるのでいろいろと困りました。

 

朝起きると腰が痛い

上述のように腰痛に気づいたのは、朝起きた時の腰の違和感でした。最初はわずかな違和感でしたが、ある時から毎朝目を覚ますと明らかに腰が重い・痛いというような感覚が残っていることに気づくようになりました。

f:id:marrige130110:20161209134759j:plain

前日に何か激しい運動をしたというわけではありません。何もしていないのに、腰がやたら重かったり、痛いのです。次第に痛みは増していき、朝にシャワーを浴びていると突然ビキっと筋肉なのか、神経なのかが痛み、しばらく動けなくなるというようなことも数度起こりました。これは何かがおかしいと思い、何かしら思いつく対策をとることにしました。

何ごとも早め早めのリサーチと対策が重要だと思う

今振り返ってみると、良くなかったのはこの時にきちんと書籍やネットで調べて対策を打たなかったことだと思います。2016年は体調不良がありすぎたので過敏になっているところもあるとは思うのですが、腰痛に限ったことではなく初動対応をしっかりやることって何ごとも重要かなと思うのです。

f:id:marrige130110:20161209134955j:plain

もし、腰の痛みを感じるようになった数年前に、今くらい真剣に腰痛について考えていたら、将来の健康についてしっかり考えていたら、今のように山のような体調不良を抱えることもなかったかもと考えてしまう自分もいますが、当時は当時で別のことに精いっぱいだったような記憶もあるので仕方ない、これまた様々なことがそういうことなのでしょう。せめてもの教訓として、主に健康の話ですが、今後はしっかりと素早く対応していこうかなと思っています。

布団の柔らかさが原因のような気がする

さて、そんなわけで当時は腰痛について全く調べることもなく、何となく直感的に選んだ対策というのは布団の沈み込みをなくすことです。当時はベッドの上に柔らかい布団を載せていつも寝ていたのですが、布団の上で横になると明らかに腰が沈んでいるのがわかる状態でした。あ、こりゃ何となく腰に悪そうだということで、安直ですがタオルケット等を腰の下に敷いて高さを調節するようにしてみました。

タオルケットを敷いて腰の沈み込みを加減する

なんだかたいしたことのない対策ではありますが、それくらい当時の自分は腰痛について重要視していなかったのだと思います。

しかしながら、そんな簡単なことをしばらく続けてみたら、なんと徐々に腰が痛くなる頻度は減っていき、数か月する頃には寝起きの腰痛はほぼなくなっていました。その後もたまに腰痛を感じることはありましたが、タオルケットなしの状況からはだいぶ頻度が少なくなっていたと思います。

結局布団に寝た時の腰の沈み込みが本当の原因だったかはわかりませんが、自分としてはとにかく腰痛がなくなっただけで大満足でした。

 

それから数年、腰痛の再発と尾てい骨の痛み

上記のようになんとなく対策をしたら、何となく治っていった腰痛ですが、実は最近また寝るときに腰が痛くなることが多くなってきたのです。今回痛みがある箇所は正確には尾てい骨。お尻の割れ目のすぐ上にある骨です。別名、尾骨、仙骨ともいい、はるか昔のしっぽの名残かもとも言われているそうですが、その骨が痛いんです。

f:id:marrige130110:20161209135339j:plain

朝起きたらだったり、就寝時に横になってしばらくしたりだったり、タイミングはバラバラですが、腰痛とはまた違った痛みがあって困っています。

腰痛の原因は1つではなくさまざま

そこで今回は前の時とは違って、腰痛の原因は何なのか、どうすれば改善されるのか、軽くネットで調べてみました。そうしてわかったのは、腰痛は運動をして筋肉や神経が傷んだとか、腰を強打したとかそういったことだけではなく、本当にさまざまな要因で発生するということです。

最近の研究結果では、脳の思い込みで腰痛が発生しているというような考え方もあるそうです。また、ぎっくり腰というと寝て休みたくなるような気もしますが、実はそれは逆に痛みを悪化させてしまう可能性があるということもわかっているそうです。

アトピーの項でも感じたことですが、腰痛も同じように本当に原因は人それぞれなようです。それだけに、自分の思い込みで治そうとすると、余計に悪化させたりということもあるのでしょう。

 

 

本カテゴリでは昔の自分の反省も踏まえ、今の尾てい骨の痛みがどうやったら消えるのか、また腰痛の原因を特定したり、どう治せばいいのかということを考えていこうと思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。