30代からの健康と幸せな生き方を考える

30代になってさまざまな体調不良に陥りました。それらをどうやって克服するか、そしてどうしたらより良い人生にできるかをブログを通して考えたいなと思っています。

痩せすぎだから太りたい、それなのに太れない男の悩み

私は昔からどうにかして太りたい、そう思ってきました。

f:id:marrige130110:20161208101659j:plain

現在は178センチ57キロと、激やせというほどではないでしょうが、身長の割には体重はけっこう少ないほうです。毎年の健康診断においても、BMI等の数字は低く、もうちょっと太りましょうといった記述が書かれています。

本カテゴリ「太りたい」では私の体重の変遷についてや、体重を増やすためにどういったことをやってきたか、そしてこれからどうしようと思っているのかなどを書いていきます。まずはどんな感じで体重が変遷してきたか、なぜ体重を増やそうと思っているのかなんてことを書いていきます。

体重を今より増やすことを目指して頑張ります。同じような悩みを持っている方に少しでも役立てば嬉しいです。

 

私の体重の変遷

さて、まずは体重がどのように変遷してきたかを、参考としてもう少し紹介しておきたいと思います。ざっくりになりますが、下記のように増減を繰り返してきました。

小学校~中学校くらいまで

身長は小学校卒業時に150センチなく小柄でした。幸い中学校の3年間で171センチくらいまで一気に伸びたのですが、縦に伸びすぎたせいか、体重は48キロくらいとこの時点でかなりやせ形になってしまっていました。

高校時代でだいぶ増える

そんなガリガリ状態で高校に上がったのですが、野球部だったもので、1年生の時に一気に食事量を増やしたことを覚えています。

f:id:marrige130110:20161208102620j:plain

そのかいあってか、1年後の健康診断では60キロまで増えていました。この時はよく食べて、大きくなったことがとても嬉しかったです。

大学~社会人

大学の頃は高校時に到達した60キロを基準に、プラスマイナス2キロくらいで推移していたんじゃないかと思います。大学時代は野球はやらなくなりましたが、運動自体はたまにやっていたので、実家で食事も昔のように食べていましたし、大きな増減もありませんでした。

社会の荒波にもまれる

それがまたも変わったのが社会人になってからです。運動することも少なくなり、わずかについていた筋肉も落ち始め、徐々に50キロ台中盤~後半の体重で安定するようになっていきました。特に数年前にけっこう大変だったことがあり、体重計に乗ったらなんと52キロまで激減していました。

f:id:marrige130110:20161208103015j:plain

体重が減っているという自覚はほとんどなかったのですが、改めて鏡を見たらなかなかのもやしっ子になっていてショックでした。

こりゃやばいということで、少しずつ健康的な生活を取り戻すように試みて、現在は57キロまで回復しているという感じです。

 

増やそうと思っているのに、なかなか増えない、減るのは早い

そんな感じで体重は推移してきました。今も高校生のころとほぼ同じ体重だと言うのは、これまでは決して悪いことではないと思っていたのですが、最近は会う人に「痩せた?」と言われることが非常に多くなりました。これも自分では実感がなかったことだったので驚きました。もしかしたら、周りからするとかなり不健康そうに見えているのかなと思い、なかなか増えない体重に不安を持つようになりました。

気を抜くとあっというま体重が減る

そう言われる理由としては、実は約1年ほど前には人生初といっていいくらい体重が増えていたのです。おそらく初の65キロ超えです。30を超えて自分が太るなんてあまり考えたことがありませんでしたか、自分も徐々にオジサン化していくんだろうななんて思ってどこか安堵していたような気持ちになっていました。

f:id:marrige130110:20161208103311j:plain

それが、今年の夏頃には55~57キロ程度まで一気に落ちてしまったのです。1年経たずして10キロ近く落ちているわけですから、久しぶりに会った人から見ると痩せたと思われるのも仕方がないことでしょう。

急激な体重減少が体調不良にも関係ある?

そう考えてみると、この1年間の急激な体重減少と、この1年間でのさまざまな体調不良にも少なからず関連性があるのではないだろうかとも気になってしまいました。けっこう不安にもなります。ちなみに、ここ1年で出てきた体調不良というのは下記のような内容です。

  • アトピー
  • 寝違えや肩こり
  • 腰痛
  • 抜け毛や頭皮のかゆみなど
  • 姿勢の悪さ
  • 腹痛や下痢

食事内容の見直しをするも、体重は増えない

そういった不安があったので、払拭すべく今年2016年の初夏の頃から食事量を一気に増やして、なるべく健康にもいいであろうものを食べるように心がけました。実はほぼ全て大戸屋の外食なのですが…

外食という点をネガティブにとらえる考え方もあるでしょうが、量・栄養価ともに大きく改善されたと思っています。それにも関わらず、半年以上経った今でも、体重は冒頭でお伝えしているように未だ57キロとなかなか増えていない状況です。

 

体重減少と増えない理由を本気で探ってみる

そんなわけで、これまでは痩せ型であることを特に問題視はしていませんでしたが、上述したように痩せすぎや太れない体質というのはなぜなのか、何か問題があるのかということをすごく知りたくなってきました。

それに何よりも健康面は不安です。これまで自分は大病もないし、痩せ型だから生活習慣病にも縁遠そうだなと何となく思っていましたが、2016年に上述のように大量の体調不良に襲われたことで、そんな楽観的な考え方は吹き飛んでしまいました。体重が増えないのはなぜか、標準的な体重を目指すことで体調面が改善されるのか、そういったことを本気で知りたいと思言っています。

能動的に体重増加の秘訣を伝えたい

これまでは、周りでなかなか太れないという人と出会うことはほとんどなく、そうした会話をしたこともないので実感はあまり持てていないのですが、ブログを通して自ら学ぶことで同じような人に少しでも役立つ情報をできればいいなと思います。

次回以降は体重を増やすためにはどんな方法があるのか、考えてみようと思います。

 

【2016.12.12追記】

と思っていたのですが、その前に会社の健康診断を受けてきました!そこで衝撃の体重が…!というほどではないですが、いろいろ思うところがあったので、良かったら下記の記事もご覧になってみてください。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。